銀行融資を個人で申込み前に絶対に知っておきたい知識や比較

銀行融資を除塵で審査に通るには?

審査

デメリットは審査に日数が掛かる

メリットとデメリット

安心のゆうちょ銀行の個人融資

ゆうちょ銀行

楽天銀行は審査に収入証明が不要

楽天銀行

個人のお客様が銀行融資を受ける方法

無担保、保証人なしで借り入れできる自由使途のプラン

銀行からお金を借りる方法は、日本においてすごく一般的な事ですが近年カードローンの出現によって以前と比較して身近なものになってきました。 以前ですと、手続きをするために何度も足を運ばなくてはいけないものでしたが、無担保、保証人なしで簡単に数百万円まで銀行融資が受けれるようになったのです。 もちろん審査はありますが、お客様によっては即日入金も可能な程スピーディーで簡単な手続きで契約できるようになりました。 銀行の無人契約機やインターネットや電話での申し込みができるので、調達するのに以前よりハードルはかなり低いものになっているという事ができます。 一般的には審査は安定した収入があることが条件とされていますので、働いていない無職の状態ですと絶対に融資を受けるのは難しいです。 現状では楽天が収入証明不要のプランなどを打ち出していますが、だからといって返済能力以上の個人の銀行融資を受けることはできませんので借り入れで注意しましょう。

三井住友銀行

個人の銀行融資と消費者金融と比較して何が違うの?

優先順位は確実に個人の銀行融資の方法です

テレビや雑誌、電車の中吊りのコマーシャルだけでなく駅前の一等地には銀行と並んで大手消費者金融のテナントやキャッシュディスペンサー、無人契約機が絶対並んでいます。 レイクやプロミス、アコムやアイフル、自業自得で膨大な過払い金で倒産した武富士などと言えば利用したことはなくても名前を知っているという方がほとんどでしょう。 それくらい昔あったサラ金という偏見のイメージを払拭できているのではないでしょうか(一部の年齢以上は嫌悪感を持っている方が多いようです)。 また近年では保証会社として銀行の個人融資の契約の際に名前を見かける事も増加し、比較ができにくくなっています。 優先的には金利も安心度も含めて、ここでは、やはり一番は個人の銀行融資を選択するのが一番メリットが大きいでしょう。 残念ながら審査に通らずに借り入れができなかった場合は消費者金融を選択肢として考えるという形が良いでしょう。 即日融資までのスピードの面でいうと後者にも分があります。 また最近では30日間や60日間の無利息期間を設けている困窮者に優しい会社もあります。 次の給料日前に一度だけ利用したいという気軽な考えや返済できる日が決定している場合などはそのようなプランを利用してもいいかもしれません。 しかし起業の為に借り入れ金額が大きいシチュエーションや、返済期間が長い場合などは金利の面を考えると個人による銀行融資を選択するのに間違いないと言っていいでしょう。

東京スター銀行

個人の銀行融資は審査が比較的難しいのか

安定した基準以上の収入が必要になります

銀行融資は個人に対しては各々に特徴を持っていますが、基本的には無担保、無利子で借り入れを行う事ができるプランがほとんどです。 気になる金利もフリープランで年間で4.6%~15%未満と上下の幅が大きくなっています。 消費者金融が6%~18%の範囲であることを考えると、初回の方や他社から借り入れをしていない方は審査に通るなら確実に個人での銀行融資が絶対におすすめです。 しかし、当然ですが満額の調達が成功するための審査は比較的厳しくなっていると言えます。 もちろん収入証明や会社への突然の抜き打ちの在籍確認などがありますし必要書類も事前に市町村役場で準備しなくてはいけません。 この必要書類も各社によって微妙に異なりますが、身分証明ができるもの(運転免許証、パスポート、保険証)以外に収入が証明できる源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書のどれかが必要になります。 基本的には年収の三分の一までにお客様の借り入れがリミットが制限されてしまう総量規制は対象外となりますが、消費者金融や他社から借り入れを既に受けている場合は個人信用情報機関に登録されていますのでわかってしまいます。 楽天銀行などは収入証明の不要で申し込みができますが、個人それぞれ収入や職種、勤務年数が違いますのでインターネット上での口コミや審査に通りやすい基準などはあまり充てにならないのが現状です。

銀行融資を最小限に留めておくことの重要性

銀行融資で個人のカードローンは金利も比較すると低く非常に便利なサービスです。 しかし、返済期日を守らなかったり延滞などをしてしまうと個人信用情報機関に登録されてしまいます。 少なくても5年は履歴としてデータとして例外なく絶対残ると言われています。 将来的に家や車、教育資金などで大型のローンを自力で組もうと考えている方は、銀行融資の審査に不利になってしまう可能性があります。 残高が綺麗で無く完済していれば問題ないという無責任な説もありますが、少なくても金融事故を一度でも起こしてしまっている場合はいい印象はないでしょう。 またお客様の返済能力以上の金額を借り入れてしまう事は、返済ができなくなってしまう危険性も伴います。 利用の際にはプランをしっかりと考えてから申し込みをしなくてはいけません。 個人の目的なしのフリーローンの借り入れ限度額の増額の銀行融資をする際も同様の事が言えます。 ただでさえ不景気で経済的に安定しない状態ですので、申し込みをする際にも気持ち控えめにして一番少ない希望額にしましょう。 審査などに通らない場合に起こるのが借りる事ばかりに目的が、変化しそれに執着してしまう事です。 これは契約通りに先々は絶対に返さなくてはいけないものですので、その一番のポイントや点を踏まえてできる限りの必要最低額の最小限に留めておくようにしましょう。

教育ローン

人生設計に欠かせない銀行融資の活用方法を考える

現在、アメリカやヨーロッパなど世界の先進国はもちろん日本で暮らしていく上で銀行融資でお金を借りたり個人でローンを組むことは家族を持てば当たり前の事になっています。 特に不動産や家、車などを購入するときはなかなか一括払いができる人はいませんので、むしろこの方法の方が一般的です。 ですから、将来的な人生プランにおいて坪単価が安い土地を購入したり、家を建てたり、車を買ったり起業する事を考えている方は上手に付き合っていき銀行から融資を受けやすい環境を作っていかなくてはいけません。 まず、そのために最低限必要な事としては絶対にブラックにならないということです。 根本、どこからもお金を借りなければその可能性はゼロです。 もちろん金融事故の度合いにもよりますが、返済日を守ったり延滞や滞納をしない事はかなり重要です。 これは消費者金融でもクレジットカードでもルールは変わりませんし、相手は異なっても信用情報としては変わりませんのでどの機関に対しても同様です。 稀にクレジットでのキャッシングと消費者金融、カードローンは会社が異なるから問題ないと考えている方がいらっしゃいますが、過去のデータも大型の借り入れの場合は確認されます。 基本的には調べられる範囲では全てを遡って銀行融資ではチェックされると考えていいでしょう。 融資を受ける際に少しでも不利にならないように注意をしなくてはいけません。 一度ブラックになってしまうと最低でも3年、長ければ5年、7年、10年は信用情報CICに登録されてしまいます。 その間はいくら資料を準備しても、このように収入的に問題がなくても審査にパスし銀行から融資を受ける方法は難しいと言っていいでしょう。

⇒ 中小企業や個人事業主の売掛金を現金化できます